やまちゃんASPOスクール奮戦期(その4)

ついに、曲がっちゃいます。

ここで、やまちゃんは念願のマイブーツを手に入れました。


FILAのFreesbeeゲット

このブーツの特徴は、
車高が低い → 安定します
フレーム長が短い → よく回ります
作りは結構おもちゃチック → ホールド感があまり良くない
ヒールブレーキがフレームと一体 → ノコギリで切断w
ウィールが小さく硬い(アグ用) → リンクラットの59ミリに変更
ですね。

とはいえ、やまちゃんはこのブーツでスケート熱に火がつき、
格段に上達しました。

ターン (脱Aフレームターン:ランジターン)

これは、はっきり言って難関です。(やまちゃんもこのレッスンが壁で、約2ヶ月かかりました)
いままでのレベル1~3のすべてを同時にこなし、更に、体の軸を使い方向のコントロールしなければなりません。
しかし、このレッスンをクリアできれば一気にスケートの楽しさが分かり、上達のスピードが増します。

第一段階

  • 3歩連続で滑り、基本姿勢で緩やかに曲がってみる
    シッカリ地面を蹴ります。 (おもちゃスケートではシッカリ蹴っても進みません)
    基本姿勢まま、緩やかに曲がります。 (一度基本姿勢になったら体を動かしてはいけません)

第二段階

  • 内側の足に体を預ける
    自転車・バイクのように内側に倒れて曲がります。
    外側の足を補助輪として緩やかに曲がってみましょう。 (これがマジむずかしいです。)

第三段階

  • 小さく一周以上ターンする
    シッカリ地面を蹴ってスピードにのる。
    ターンの最中は姿勢を変えない。
    内側の足にシッカリ体重が乗るようにバランスをとる。

スクール日記

このころに、連続して約一週間ほどスケート三昧で、雨が降っても「鷲羽山ハイランド」に行ってましたね。
その甲斐あって、ある日突然ターンのコツを家族で掴むことができました。
我が家にとっても、スケートにハマる大きな出来事でした。
また、「鷲羽山ハイランド」で滑っておられる方々からも色んなご指導をいただき、とても良い刺激になりました。
さらに、やまちゃん特有ですが、
お調子者のため、ターンが出来たことがスゴい自慢で、繰り返しターンしていたため、かなり、動きが洗練されました。

動画です
ターンです。
かなりフラフラしてますが、、、、、(; ̄ー ̄川

次回のレッスンは、止まってみようです。
請うご期待ヽ(~~~ )ノ ハテ?