やまちゃんASPOスクール奮戦期(その5)

スクールもやっと折り返しです。
レベル5は、止まる練習です。

すぎは、レベル4のランジターンが上達の壁だと思っています。
ターンの動作の中に、スケートの基礎的な動きがほとんど凝縮されている?
くらいに思っています。

しかし、
滑れるようになったのに、止まり方がまだでした。

すでに、ある程度滑れるはずですから、とーぜん、スピードも出せると思います。
危険回避のためにも、止まる練習はシッカリしてくださいネ

Tストップ

まず、片方の足だけで滑ることから始めます。(ワンフット
ワンフットができれば、Tストップはほとんど出来ています。
出来れば、左足で。  スケートは基本的にトラック競技なので左回りで、左の軸足です。
色んな競技に発展させるには、出来れば左足を軸足にしてみて下さい。

ワンフットで、まっすぐに滑れるようになったら、
反対の足で地面をなぞるように進行方向に直角(45~90度)におろします。
直角にこだわらないで下さい
ムリに止めようとせず、むしろ、「スピードコントロールをするんだ」
っていう感じのほうが、うまくいきます。

ワンフットでまっすぐ滑ってみよう 地面をなでるように後ろ足を下ろす

後ろ足の方の腕を前に突き出して、体がローリングしないようにすると良いです。
ちなみに反対の腕は横にして下さい。
危険回避のために、止まりたい場所でキチンと止まれるように、繰り返し練習ですね。
最後止まったときにグラグラしないように、練習では、2秒くらいは静止してみましょう!

止まる目標を決めて、ピタっと止まってみよう!
止まったときにバランスを崩さないように!

スピンストップ

これは、慣れですw
やまちゃんはマジでヤバイです。
卒業取り消しの覚悟で披露しますε=ε=ε= 。・゚(゚ノT-T)ノ

軸足のつま先を地面に立て、その場で一回転して止まります。
軸足の1番ウィール(一番前)に体重をかけてカカトをひねり、腕で回転をリードします。

というか、すぎでは文章でお伝えすることがかなり困難です(T_T)

1番ウィールを地面に立て、
カカトをひねり出す
回るほうの腕を一緒に振り出す

スクール日記

正直、やまちゃんにスピンストップを説明するのは大変でした。。。。。。
いまだに、本当の危険回避の場面で出来るかどうかは、甚だ不安です。。。。。。
ただ、スケートするためのバランスの取り方を、体で覚えることができる、良い練習です。
このころになると、やまちゃんは滑るがたのしくってショウガナイって感じでしたので、
上達のスピードがグっと上がりました。
やっぱり、たのしいのが一番ですね。

動画です
ストップです。(やまちゃんには白線で止まる意味が理解出来なかったようです。・゚゚・(>_<;)・゚゚・)
卒業取り消し覚悟の?

次回のレッスンは、スウィズルです。
請うご期待ヽ(~~~ )ノ ハテ?